木の循環の本来性

間伐材の利用がもてはやされて久しい。間伐に代表される保育作業は、人工林の健康と(いろんな意味で)森林の多様性を保つために、そして何より最終目的である木材生産(主伐)のため必要なものであり、その結果得られる副産物としての木材を有効利用しようとするものである。この考えに異議を挟むわけではないが、間伐そのものに焦点が当たりすぎ、森林(人工林)…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ミニマルな断片(その7)と木の循環

炭素の凝縮  炭釜の内部である。これはナラ、産業用の燃料(鉄器の鋳造用)に使われるそうである。炭の炭素量は約90%、立木の炭素量は約50%。残りの40%が燃料としては余計な水分である。炭を作る意味は、この余計な水分をなくし、木の持つ単位重量当たりの燃焼カロリーを最大限まで高めることにある。石油が持っている効率性やエネルギー密度には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まるで不夜城の如く(その4)

盛岡駅前の新たなコンポジション (岩手県盛岡市開運橋上から、060128,17:13撮影) 「ずっと変わらないはずのもの」でご指摘の通り、開運橋近辺から見るこの3棟の高層マンションは、見事に新しい顔を醸し出しており、河畔の景色にこのうえなくマッチしている。確かにこの風景を見た時、やられたと思ったのではあった。写真では上が切れてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まるで不夜城の如く(その3)

湯沢団地裏から盛岡市中心部を望む(岩手県盛岡市地内、0800215,19:00頃撮影) 湯沢森の土取りにより景色がよく見えるようになった場所=野原牧場入口からの撮影である。(志波三山と不遇な赤林山(その3))写真手前は湯沢団地と西部開拓線。 中央の灯りは、盛岡駅ととある大型商業施設である。ここ2、3年で見違えるほど明るくなり、2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まるで不夜城の如く(その2)

<豚の鼻トンネルの鼻づまり> 盛南側の交差点から盛岡駅側を望んでいる(岩手県盛岡市本宮地内、0800218撮影)。右の鼻の鼻づまり(交通未解放)は格好悪いが、このままでしばらく整備しないままでもいいかなと思ってしまう。バブルの負の遺産を子供たちに見せるのはひょっとしたら悪いことではないかも知れない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベアレンビールを応援します

学生時代、ドイツをひとり旅したことがある。ベルリンの壁が壊される2年前で、西ドイツ内の旅であったが、行く先々の田舎でパブに入ってはヴァイツェンを飲んだ。100%必ずレモンのスライスが付いてきた。ヴァイツェングラスも必ず背の高いスレンダーで大きなグラスだった。土地土地で飲むヴァイツェンは、いわば日本の地酒(どぶろく)のようなもので…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

まるで不夜城の如く(その1)

豚の鼻トンネル上から南南西方を望む (岩手県盛岡市本宮地内、0800216,19:00頃撮影) 写真中央は杜の大橋から伸びる道「杜の道」である。いつの間にか両側に立派なマンションが建っていた。○オン王宮(写真左の極めて明るい場所)へ盛岡中心市街地方面市民を迎え入れる、いわば凱旋門のようである。右端には産婦人科と小児科が今年の4月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あがりこブナ(その2)

盛岡駅裏マリオス20階から見る西山 あがりこブナは恐らくこれ! 写真の矢印の先をご覧あれ。これがあがりこブナである。ここ2,3年、様々な手段で同定を図っているが、恐らくこれで間違いない。肉眼で同定することも可能だが、盛岡市立高校近くまで行かなければならない。 なお上の写真の左半分は、盛南開発の地である。次の記事からしばらく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あがりこブナ

<あがりこブナ> 不遇な赤林山(その1)で取り上げた「あがりこブナ」の画像である。何10年か前に根本から伐採されたのだろうか、ひこばえ(萌芽)が伸びてこのような姿になった。上の写真を見るとそれぞれ別の木にも見えるが、下の写真のようにひこばえの台座には人が乗れる(子供だったら10数人は楽勝である)。この樹は「岩手自然ガイド協会設…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

志波三山と不遇な赤林山(その3)

<西山周辺の地形> 実は飯岡地区(この地図の中央北側)の人たちは志波三山や南晶山塊のことを西山と呼んでいるのでここでは西山と記す。 この地図を見るといろいろなことが分かる。まずは拡大してじっくりご覧いただきたい。 ・西山は、結構複雑な地形である。 ・温泉は西部開拓線(私は温泉街道と呼んでいる)沿いに多い。 ・同様に南晶山断…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

志波三山と不遇な赤林山(その2)

カシミールで見る志波三山と赤林山  フリーの3D地図ソフト「カシミール」を用い、志波三山を展望した。南から東根山-南晶山-箱ヶ森がほぼ等間隔で並び、赤林山が南晶山と箱ヶ森の間に割り込んでいるようにも見える。このシミュレーション画像の撮影点は、旧盛岡卸売市場上空である。これでも赤林山がいちばん大きく見える。
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

不遇な赤林山(その1)

タイトルバックの画像はこの写真を元にしています  奥羽山脈の前列の志波三山(志和三山、紫波三山とも。どれが正しいのか分からない。)は、東根山(標高928m、この画像の左=南側にある)、南晶山(848m)、箱ヶ森(866m)で構成される。盛岡市民にとっては南晶山を中心に、観天望気の山々として知られている馴染み深い山塊である。私は縦走…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

馬の耳亀の耳(その1)

<STEREOLABとスタン・ブラッケージ> Space Moth light  あー、とてもきもちいい。この画像はスタン・ブラッケージ(Stan Brakhage,1933-2003米)の"MOTHLIGHT"という作品。蛾の羽、草花などを直接フィルムに貼り付けたという(Mistral Japan のHP)。そして音楽はステレオラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通らない道

かつてここに道路を通す青写真があった  5年ぶりに7歳の息子を連れスキー場に行った。前記事の岩手山画像の左端に見えるスキー場である。この画像はこのスキー場から望む秋田県境への谷筋である(08.02.09 13:26撮影)。写真中央右の峠はブナ原生林が広がる葛根田川源流域でその向こうは秋田県玉川源流域である。玉川源流の下流は田沢湖の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝の岩手山

岩手山の夜明け(gif動画)  ちょっと更新が滞ってしまった(でも3日か)。 今朝の我が家から見る岩手山、盛岡の冬の気候は太平洋型で晴れの日が多いが、だいたい日が昇る頃、岩手山には雲がかかって雪が降りはじめることが多い。このような快晴は実はありそうであまりなく、1シーズンに4,5回程度である。このGIF画像は2分毎のインターバル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輸入に頼らざるを得ない食料品、同じく輸入に頼らざるを得ない木材

中国に頼らざるを得ない食品。日本の食料自給の現状を思い知らされる事件のおかげで、我々日本人の食料確保の厳しさを改めて考えずにはいられない。食の安全などという生やさしい問題ではない。食の確保はエネルギーと並んで日本の安全保障そのものである。 一方、日本の一次産品のうち唯一自給できると思われる木材生産の重要性は、自由化以来、ほとんど顧みら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜のクマの一件について思うこと

ツキノワグマ(岩手県紫波町070428撮影)  岐阜でクマが殺され猟師が岩とマスコミに捕まった。この狩猟行為に対して批判が続出ししているようだ。この人がどういう背景(伝統的、職業的、経済的に)で狩りに出かけたのか分からないのに、一方的に非難する気になれない。クマ穴に銃口を向けることも昔はよくやられていたのだろうと容易に想像もつく。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

いわての森林づくり県民税の使途

岩手県の森林分布 -水色が自然林(針葉樹含む天然林、里山の雑木林等) -茶色が人工林(スギ、カラマツ、アカマツなどの植林地) この地図は、環境省の植生データファイルをもとに以前私が独自に作ったものです。いずれこの地図の上にいろいろと落としていきたいと思っています いわての森林づくり県民税の使途については、岩手県のHP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むなしい森林税評価委員会

有識者や民間委員からなる検討会を経たのにも関わらず、かなり政策的に導入された岩手県の森林税。この使途を評価する委員会が去る1月28日に盛岡市内で開催された。 先だって行われた県民参加の森林づくり促進事業成果報告会は、文句のオンパレードだったらしい。さもありなん。ここで日頃から抱いている疑問を...。 単年度で7億近くの税収が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森林(もり)は地球温暖化を防ぐのですか?

岩手内陸部の山並み-人工林と自然林(二次林)が連なる- 昨年の5月、林野庁が内閣府に依頼して「森林と生活に関する世論調査」を実施しました。その結果が、連日35度に達する猛暑の8月頃、大々的に報道されました。報道は“森林に期待する働きとして「地球温暖化防止」との回答が最も多かった”というものでした。事実、林野庁の広報誌「林野」やプレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more